ファンダメンタルズ分析:SELFKEY(セルフキー)

Image result for selfkey

個人が各自の個人情報を安全に管理できるようにするとともに、企業のために手間のかかるKYC(顧客確認)プロセスを合理化します

解決すべき問題


現在、我々の個人情報を保管・管理する中央管理機関に対して、我々は多大なる信頼を寄せています。このような組織は、我々に金融サービス、市民権やパスポートの登録、事業許可などの基本的人権を与えています。すべての中央集権化された機関と同様にユーザーのデータがすべて一箇所に保管されており、 単一障害点(SPOF)から生じるハッキング被害を非常に受けやすい状況です。1億4300万人のユーザーのデータが中央データベースから漏洩したEquifaxの事件から分かるように、しばしば我々の個人情報が成りすまし犯罪目的に悪用される結果となっているのです。

このような機密データの不効率な管理と相まって、ビジネスのために必須である現在のKYC (顧客確認)プロセスは、反復的で費用がかかる厄介なものです。KYCは法的なリスクや詐欺行為を避けるために、ビジネス上の関係が形成される前に顧客の個人情報を徹底的に調査します。KYCは数多くの管轄に及ぶため、世界中の会社で使用されています。機密な個人情報のデータを数多くの中央集権型データベースで共有することはリスクがあります。しかしそれよりもおそらく、このように繰り返されるプロセスを完了するために費やす膨大な時間と労力の方がより痛恨です。

ソリューション


現状におけるこのような不十分な点を補うべく、Selfkey(KEY)は革命的なソリューションを生み出しました。要するに、KEYは不必要で無防備な中央集権の中継をなくすことによって、個人や企業に各自の個人情報を完全に管理する権限を与えることを目的としています。彼らのデジタルアイデンティティーシステムはイーサリアムブロックチェーンを基盤としています。ユーザーは商業または個人的な目的に関わらず、本人確認を必要とするベンチャー事業を追求するための基準を完全に満たしていることを保証する必須書類をすべてアップロードすることができます。各自の公開鍵によってユーザー本人のみがアクセスできる、デスクトップや携帯アプリの一箇所に必要な書類をすべて集めることができるのです。そうすることで、KYCの準拠が必要な金融サービス、パスポートや市民権、ベンチャービジネスの申請が簡単になります。このようにKEYは企業のために日常的に繰り返される長ったらしいKYC の登録をなくすこと、個人のために基本的サービスに簡単にアクセスできること、また信用できない媒介者に頼らずに各自の個人情報を保持することを可能にしています。

アプリケーション


2019年4期にプラットフォームが稼働すると、個人や企業は銀行口座、住民票、KYC許可や不動産だけでなく、KEYトークンを使ってSelfkeyマーケットプレイスで様々な商品やサービスを購入することが可能になります。さらに、KEYトークンや他のERC-20トークンを含めて、所有する仮想通貨資産を管理することができます。一方で、他の仮想通貨の会社とは異なり、KEYはすでにプロ級のデスクトップウォレットのβ版があり、またそのデスクトップウォレットが今後果たすことができる様々な機能についてのオンラインデモを提供します。外部から理解することが非常に困難なスペースで、ユーザーにプラットフォームが今後提供する機能についての深い洞察を得る機会を与えることは、斬新なアプローチです。結局は、すべてのテクノロジーと同様に、いったんブロックチェーン技術が我々の日常生活に浸透すると、エンドユーザーはそれらが彼らの望む目的を叶えるものである限り、バックエンドでどのように機能するかには興味がなくなるようです。

要約


Selfkeyによる典型的なビジネスや個人的なやりとりに必要とされる書類の蓄積は、両者にとって時間または費用の削減となるでしょう。 KYC登録は企業にとってキラーアプリケーションになるかもしれません。また一方で、個人が各自の個人情報を効果的に管理できることは、さらなるアピールポイントとなるでしょう。 まだ初期段階ですが、Selfkeyには明るい将来性があり、計画通りに進めば、長期型投資家にとっては非常に大きな利益をなるでしょう。このチャンスを絶対見逃さないでください。

促進要素


  • 証明済みの能力:Selfkey の背景にある重要なチームメンバーらは、成功したベンチャービジネスKYC Chain( 数多くの一流企業と仕事をしているKYC ソリューションプロバイダー)とともに操業開始から完了するまで、大規模なプロジェクトをうまく管理するSelfkeyの能力をすでに証明しています。
  • 確かな基盤:KYC ChainとSelfkeyの相互のつながりによって、KYC事業におけるインフラや専門知識はすでに構築されているため、ブロックチェーン開発やユーザー経験にのみ焦点を当てた事業をすることができます
  • 消費者の認識:大規模なEquifax のハッキング事件やCambridge AnalyticaによるFacebook スキャンダルによって、各自の個人情報がどのようにして漏洩または悪用されうるのかを意識する人々が増え、彼らの個人情報に対するより強い管理力を持つことを要望するようになっています
  • KYCの熟知:ICOに参加したい場合、必ずKYCプロセスを行わなければなりません。これは、多くの仮想通貨ユーザーが熟知しているように繰り返しの手間がかかるプロセスであり、より多くの需要を生み出すことを妨げているでしょう。

リスク要因


  • 激しい競争:長い歴史のあるCivicのような有名な企業らがブロックチェーン技術を使用したデジタルアイデンティティーのソリューションを提供しようとしています。Selfkeyの明らかな優位はKYC Chainが提供する根深い業界関係者とのつながりですが。
  • 入念な開発計画: 2019年を通して継続的に開発が行われるので、すでに確かな産業基盤がある企業にとって、彼らの開発進行は特に早いものではありません 。ハイスタンダードですべてが完了することは重要ですが、明らかにデジタルアイデンティティー業界におけるマーケット先導者になろうとする競争が展開されるでしょう。

イベント


  • 9月30日:SelfKey会社によるIDウォレットのデスクトップアプリとSelfKey モバイルアプリのα版のリリースと政府機関や高熱会社との連携スタート
  • 12月31日:SelfKeyデスクトップアプリのβ版のリリース

結論:


Selfkeyは、個人や企業に各自の個人情報の完全所有権を保持させることで、色々なサービス用の個人認証プロセスをなくすことを目的とした革新的なアイデンティティープラットフォームです。KEYのキラーアプリケーションは、KYCプロセスに必要なすべての情報を一箇所に集める機能です。一方で、ユーザーのみが公開鍵によってこのような情報にアクセスすることが許されます。これは、取引開始前に法的にKYCに準拠しなければならない世界中の企業にとって、かなりの時間や費用の節約になるでしょう。

もちろん、これはKEYが提示する感動的なアプリケーションの1つに過ぎません。プラットフォームもまた、個人や企業に金融サービス、市民権、営業許可、健康保険などへのアクセスを提供するでしょう。おそらく、成功した親会社のKYC Chainの結果として、KEYはまずKYC検証の市場で繁栄するでしょう。 とは言え、このような広範囲に渡る市場があるならば、顧客の獲得や成長する機会は限りないでしょう。だからこそ、Selfkeyの将来性を見逃さないように、あなたの要チェックリストに入れることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です