ファンダメンタルズ分析: Elastos (エラストス)

《BBOD格付け》 [10/10/2018]


投機買い:より高いリスク許容度を持つ投資家向けのチャンス

 

Elastos概要


通貨コード ELA
取引開始日 01/02/2018
総供給量 33,647,865
循環供給量 7,722,239
プロトコルの種類 Blockchain Platform
ベースプロトコル ELA
購入可能な取引所 LBank, Huobi, CoinEgg, Kucoin

 

解決すべき問題


インターネットの使用が開始されて以来、コンテンツのクリエイター(制作者)が自身の作品の所有権を主張することや、創造的な作品から妥当な金銭的利益を得ることができていません。これはインターネットによって個人がユニークなコンテンツをコピーして、膨大な分散ネットワークに自由に広めることができる結果です。つまり、30億人を超える個人がインターネットにアクセスでき、簡単にオリジナルコンテンツをコピーすることができるため、当事者間での不法なコンテンツの流れを止めようとすることは全く不可能なのです。実は、グローバルにコンテンツをストリーミング配信する能力を利用しているのは個人だけではありません。Spotify、Youtube、Netflixのような有名な中央集中型のデジタルコンテンツ提供会社は、自社制作ではないすべてのデジタルコンテンツを収益化することで実質的に利益を得ています。そして結局、このプロセスがオリジナルコンテツのクリエイターに、彼らの創造的な試み対して多数の大企業から本来受けるべき報酬のごくわずかな部分しか残さないことがよくあります。

このジレンマの反対側で、個人は消費する多くのデジタルコンテンツをあまり物理的に所有しなくなりました。例えば、人々は単にサービス受信料を支払い、彼らが選らんだ企業から少しずつコンテンツが配信されます。実際のところ、デジタルコンテンツは簡単に消費されてしまうものではないので、個人レベルでは問題ないと多くの人が主張していますが、所有権がない利便性は必ずよいことなのでしょうか?昔は個人が生涯を通して本、レコード、写真集などの物理的な所有物を集め、それらは家族に受け継がれてきたでしょう。これは、愛する故人のための回想録としてだけでなく、世代を通して価値を伝える仕組みとしても機能しました。しかし今日の私たちは、消費するもののほとんどを実際に所有していないため、その結果、自分や子供達のために金銭が必要な時に、所有物を貨幣化することができません。

ソリューション


クリエイターのコンテンツ流布の問題に対処するために、Elastos [ELA]はユニークなブロックチェーンデザイン哲学を提案し、それによりオリジナルのコンテンツをインターネットから切り離し、Elastosによって作成されたSmartwebの上で別々に実行します。ここでのクリエイターのコンテンツは、今日私たちが知っているインターネットにアップロードされず、Elastos上の分散型アプリケーションであるソフトウェア’Runtime’の上に置かれます。 ‘Runtime’によって、個人はオリジナルのコンテンツをインターネット接続せずに個人のスマホやコンピューター で保管、閲覧、ピアツーピアで交換することができるようになります。一方でまた、 Elastosは当事者間でのトランザクションを確認し、第3者を必要とせずに彼らのIDを確認するためにのみ、ブロックチェーンを利用します。

このようにして、システムを利用するクリエイターはブロックチェーン上にある自身のユニークなコンテンツにIDを付け加えることができるため、彼らのコンテンツを購入している人の正確な数を追跡でき、不必要な仲介者を通さずにすべての報酬がオリジナルのクリエイターに直接送金されることが確実にできるようになります。さらに、コンテンツのクリエイターは、消費者によって購入することができるデジタルコンテンツ量を固定数に制限することで、デジタル希少性の概念を作品に導入することができます 。すべての市場同様に、特定の期間でアイテムを購入できる希少性によって人々の購買意欲が高まることが多く、一方で供給量を固定しているため、時間の経過とともに適用や価格を高めます。このような現状にはない仕組みによって、クリエイターはデジタルコンテンツに対する金銭報酬を得ることができるはずです。

さらに、Elastosの‘Runtime’エコシステムのおかげで、ネットワーク上で消費者がデジタル資産として所有し、またブロックチェーンのIDで確認できるオリジナルのコンテンツにアクセスすることができるようになります。配信サービスを通して特定の期間で作品を利用する権限だけを有する今日の市場とは異なり、Elastosの‘Runtime’ネットワークの消費者は彼らのデジタル資産に対して無条件所有権を有します。 まるでインターネット時代以前の物理的なコンテンツの世界ように、個人が所有するいくつかのコンテンツを売却すると決めると、将来の収益を生み出すことができます。例えば、当初購入したデジタルコンテンツが今では膨大な需要があり、実質的に供給がないような希少性が高い資産は、今ではおそらく価格が大幅に上昇しているでしょう。これは、まさにレアな芸術品を売るようなものです。この仕組みは、コストがかかる不必要な第三者の介入なしに、ピアツーピアの自由市場を通してだれもが富を生み出すことができるまったく新しいスマートエコノミーを構築します。 まとめ Elastosは、デジタルコンテンツが安全で透明性のある方法で、保管、閲覧、取引されることを可能にします。 第三者を必要としないため、クリエイターは自身の創造的な作品に対する公平な報酬が保証され、一方で消費者はデジタルコンテンツの所有権から利益を得ることができます。この閉鎖環境の中で、プロジェクト独自のELAトークンは個人が希望するコンテンツへのアクセス料の支払いに使用されます。さらにELAトークンは Elastosのエコシステムでの利用や、他の金融ネットワークへの送金も可能です。

 

まとめ


Elastosは、デジタルコンテンツが安全で透明性のある方法で、保管、閲覧、取引されることを可能にします。 第三者を必要としないため、クリエイターは自身の創造的な作品に対する公平な報酬が保証され、一方で消費者はデジタルコンテンツの所有権から利益を得ることができます。この閉鎖環境の中で、プロジェクト独自のELAトークンは個人が希望するコンテンツへのアクセス料の支払いに使用されます。さらにELAトークンは Elastosのエコシステムでの利用や、他の金融ネットワークへの送金も可能です。

 

カタリスト(相場を動かす要因)


  • 【コンテンツクリエイターの報酬】インターネットが導入されて以降、コンテンツのクリエイターは自身の芸術的な作品の流布を止める手段がないため、かなり損をしてきました。さらに、使い勝手の良さのおかげで消費者を引きつけるインターフェイスを提供する仲介業者が、本来不要であるにもかかわらず実質的な利益を得てきました。より多くの人がインターネットにアクセスし、提供製品がより洗練されたものになればなるほど、この状態が継続するようになっています。それに対して、Elastosはクリエイターに自身の作品の唯一の受益者になることを可能にし、従来のコンテンツのエコノミーからの抜け出す方法、ブロックチェーン技術によってのみ実現可能なアイデア、さらに確実にクリエイターの興味をそそる魅力を提供します。
  • 【普遍的に有益なエコシステム】Elastosはコンテンツのクリエイターに利益をもたらすだけではなく、消費者にもデジタルコンテンツの所有権を取り戻すことを可能にします。このことはいつでもコンテンツを削除する権利を持つ配信サービスの支払いにうんざりしている人の興味を引きつけるでしょう。 Elastosのおかげで、消費者はピアツーピア方法でデジタルコンテンツの交換ができるため、そのコンテンツの排他的所有権を有し、金銭的な報酬を得ることができます。個人はまた、購入の決断が彼らの賞賛するアーティストの生活に影響していると確信することもできます。
  • 【 Elastosチームの歴史と強さ】CEOのRong Chen氏は2000年にMicrosoft のシニア職を辞職した後に、Elastosの仕事を開始しました。時間をかけてテクノロジーの進歩に合わせて進化させたこのプロジェクトは、今ではブロックチェーン技術を含んでいます。プロジェクトの先見性と歴史は、チームが確かに長きにわたりこのプロジェクトに推進してきたことを示唆しています。今ではElastosは、BitmainのCEOであるJihan Wu氏やNEOの創始者・CEO であるHongfei Da氏のような著名なブロックチェーンの顧問ともに、53人のチームメンバーによって構成されています。

 

リスク要因


  • 【従来の寡占への挑戦】コンテンツのストリーミング配信サービスの市場は激しく、Spotify、Youtube、Netflixのような数社のキープレイヤーが市場を独占しています。もしElastosがこれらの企業にある自由に使える多額の資本に対抗しようとするなら、新たな競合ブランドとしての地位を確立するために、積極的なマーケティング戦略を推進する必要があります。とは言え、コンテンツクリエイターが従来のシステムの外にある、このプラットフォームを利用して自身のコンテンツを独占的に制限する場合、圧倒的な利益が得られます。このようなコンテンツのクリエイターにとってのメリットが、この市場を押し進めるはずです。
  • 【著作物のコビー】デジタルコンテンツがインターネットから切り離され、Elastosの ‘Runtime’ソフトウェアにある場合でも、消費者はビデオや文字、録画音声をスクリーン・キャプチャすることをやめないでしょう。 無料でコンテンツを見つけようと消費者が徹底的に検索するなら、彼らが勝利するでしょう。ただし、これを行うことを選んだ人は品質の低いオリジナルファイルのコピー版のみを受け取るでしょう。オリジナルファイルが簡単にコピーされ、拡散できる今日の市場とは違うのです。
  • 【ブロックチェーンのID】Elastosは オリジナルのクリエイター によってアップロードされたコンテンツをどのように確認するかについては言及できていません。ブロックチェーンIDが各テジタルコンテンツに割り当てられますが、他のだれかがファイルを‘Runtime’システムにアップロードし、自身のファイルであるように主張することを禁止するものはありません。ただし、このようなことを行うためには、偽のアップロードした人がオリジナルのファイルを所有し、実際のクリエイターよりも先に、オリジナルのファイルをアップロードする必要があるため、これはまれな状況です。

 

結論


Elastosは、コンテンツクリエイターや消費者が彼らのデジタル資産を完全に管理し、不必要な仲介者を介さずに収益を得るための革新的な代替エコシステムを提供します。プロジェクトのキーとなる強みは、インターネットから切り離されたデジタルコンテンツのためのマーケットプレイス、Elastosの ‘Runtime’を構築する能力です。ブロックチェーンは、コンテンツのクリエイターの身元を確認することや、トラストレスのピアツーピアのトランザクションを実行するためのみに利用されます。これは、従来の企業構成の外に消費者がデジタルコンテンツを実際に所有でき、コンテンツのクリエイターが自身の創造的な試みに対する報酬を正当に受け取ることができる環境を作り出す可能性を秘めています。Elastosが効果的に自身のブランドを売り出すことができるなら、コンテンツのクリエイターは当プラットフォームに専ら移行し始めるでしょう。そして、その好きなアーティストの作品を楽しみたい消費者にはこのシステムを受け入れざるを得ないでしょう。BitmainやNEOなどのような巨大な仮想通貨企業からのサポートと18年間プロジェクトに献身的に取り組んでいるチームがあるので、Elastosは彼らのアイデアをうまく実行できるように思われます。このように主流が分散型アプリケーションを受け入れ始めているので、明らかに Elastosを注目するべきでしょう。

 

BBOD格付け基準


買い:低リスクで購入するチャンス

買い占め:中リスクの仮想通貨を低価格で購入するチャンス

投機買い:より高いリスク許容度を持つ投資家向けのチャンス

保持: さらなるリサーチ結果が出るまで現状レベルを維持する

売り:資産を失う可能性を含む投資

免責条項


BBODリサーチは独立した仮想通貨研究所であり、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する総合的で公平な根拠に基づいた研究やレポートを発行することを目的としています。この分析を行うに当たって、報酬(仮想通貨やその他)を一切受け取っておりません。

 

ファンダメンタルズ分析: バイナンスコイン [BNB]

Image result for binance coin

 

《BBOD格付け》 [10/10/2018]


買い:低リスクで購入するチャンス

 

バイナンスコイン概要


 

通貨コード BNB
取引開始日 25/07/2017
総供給量 192,443,301
循環供給量 117,443,301
プロトコルの種類  仮想通貨取引所
ベースプロトコル BNB
購入可能な取引所 Binance, HitBTC
ロング/ショート BBOD

Binance(バイナンス)取引所の概要


Binanceは、市場全体が好景気であった2017年7月に名の知れない中国の仮想通貨取引所として取引開始しました。当プロジェクトの幸運なタイミングや積極的なマーケティング戦略を利用して、同社は創業後わずか6ヶ月で1日の現物取引量1位の取引所となりました。Binanceがこのように前例のない早さで名声を得ることを、Bittrex やPoloniexのような競合他社は全く予測していなかったはずです。Binanceは、取引当たり0.25%ではなく、0.10%の取引手数料で競合他社を大きく引き離し、成功をおさめたわけです。さらに、Binanceは非常に革新的なコイン上場の方針を採用し、すでに定評のある様々な仮想通貨プロジェクトからトレーダーを引き寄せたため、彼らのコミュニティは急激に成長しました。現在、プラットフォームでは280以上のアクティブな取引ペアがあり、毎日平均10億の取引量と900万人以上のアクティブユーザーがいます。

 

バイナンスコイン[BNB]の概要


プラットフォームの資金調達のために、Binanceは2017年7月2日にバイナンスコイン[BNB] のICO を開始しました。まさに上昇市場の時期であり、堅実なプロジェクトのBinance は、開始後わずか数分以内ですべての1億BNBを完売しました。トークン平均価格 0.11 米ドルで販売されたため、ICO期間中に調達された資金総額は約1100万米ドルに相当します。BNBはイーサリアムのブロックチェーンを基盤とするERC20トークンで、発行上限が2億BNBであり、それ以上のコインは生成されません。今やBNBはプラットフォームで使用できるユーティリティートークンとして広く知られていますが、トークンの価値はBinance取引所の成長に比例して高く評価されるため、保有者にとってはBinanceでの比較株、つまり従来の株式と同等とも言えます。大半のコインがこのように価値をサポートする実質的な機能を持たない仮想通貨界において、極めてまれな現象です。

 

バイナンスコインの効用 [BNB]


割引

現在BNBは、主にBinanceプラットフォームの取引手数料を削減するために使用されています。ユーザーは取引している仮想通貨の代わりにBNBを使用して手数料を支払うことを選択することができます。その場合、ユーザーはメンバーシップ初年度に取引手数料が半額となり、1年ごとにその割引率が半減し、5年目で割引が適応されなくなります。BNBは、本質的にBinanceエコシステムにとっての燃料となり、実世界における有益を提供しています。まだリリースされていない商品の将来における成功によってもたらされる有益を約束する多くの他の仮想通貨プロジェクトと異なります。 元々、プラットフォームでの取引当たりの手数料が0.10%であり、市場にある他の取引所の手数料を下回っているので、これをBNBで取引した場合の手数料割引と組み合わせると、競合他社の取引手数料より大幅に下回ります。頻繁に取引を行うトレーダーは大幅に手数料を削減することができます。ちなみに、HuobiやBitfinexはどちらも取引手数料が0.20%です。このように競合他社の取引手数料を下回ることにより、当初から多くのトレーダーをBinanceプラットフォームに引き寄せられたようです。

 

トークンのバーン

5年を通してBNBの割引額が減少すると、人々の関心が減りBNBの価格が下落していくことになります。価格を維持するために、Binanceは四半期ごとにコインバーンを実施してきました。基本的に、Binanceは市場からBNBを買い戻し、それらを秘密鍵が入手不可な公開アドレスに送金し、事実上そのトークンを破壊します。これにより、市場での需要が同じままでBNB の供給量は減り、通常トークンの希少価値が上がるにつれて価格が上昇します。この独創的な戦略はたくさんの注目を集め、過去にはコインバーン前に大幅な価格の上昇が起こっており、非常に成功しています。Binanceは前四半期の利益の20%分の数量のBNBをバーンするようにしており、約束通り第1四半期で986,000 BNB、第2四半期で1,821,586 BNB、第3四半期で2,220,314 BNB、当時約3000万米ドルをバーンしました。このプロセスは、総供給量が半分の1億BNBになるまで継続されます。このような仕組みは、トークンを利用して取引手数料の割引が得られなくなると、投機目的でBNBを保有する可能性が高い投資家の関心を引きました。取引所の成功が直接関係するおかげでBNB 評価への認知度が増すため、現在の軌道に乗ったままの状況で事業が継続される場合、明らかにBNBの価格は上昇するでしょう。

 

ICOのローンチパッド

BNBが有意義な価値を提供するように日々努力し続け、Binanceローンチパッドプログラムでは、個人がBNBを使用してプラットフォームへの上場プロセス中にある特定の仮想通貨に投資することができます。これにより、トークンの使用例がさらに増し、参加可能なICOと取引自体との間に隔たりがない市場が形成されます。ローンチパッドプログラムのような追加の拡張機能はトークンの効用を増やすため、需要を高めることとなり、潜在的に価格の上昇にもつながります。このようなBNB のユーザビリティを頻繁に改善するプロセスを継続することが今後のトークンの成功の鍵になるでしょう。これまでの取り組みには、仮想通貨の実用的な利用を可能にするプロジェクトMonacoの仮想通貨Visa カードやアプリにBNB を追加することや、トークンでUpliveのバーチャルなギフトを購入する機能を含みます。

 

将来のアプリケーション


分散型取引所

将来を見据えて、BinanceはBNBを重要なベースアセットや費やすガスとして使用できる分散型の仮想通貨取引所 (DEX)を構築する予定です。Binanceはこのプロジェクトを Binance Chainと称しますが、まだ開発段階で基盤技術を外注する方針であり、成功した提案者(開発者)に100万米ドルの賞金とBinanceでの仕事を提供します。もし Binance ChainがBinance本体と同じくらい成功するなら、DEX のプラットフォームで投資家が利用できるBNBへの需要の著しく増加するので、大きな価値を得るでしょう。さらに、分散型の取引所は本質的に閉鎖することが不可能であるため、現在の中央集権型の取引所における規制リスクを軽減します。しかし、現在のDEX環境は主に使いやすさ、機能性、取引量の欠如に問題を抱えているため、分散型の取引所を成功させることは、今のところ決して容易ではありません。

 

カタリスト(相場を動かす要因)


【評判による有機的成長】これまでの仮想通貨の現物取引市場におけるBinanceの大きな成功によって、市場でのかなりのブランド認知を獲得してきました。この成功と拡大し続けるユーザー基盤が結合すると、BNB の持続可能な長期的な成長につながる可能性があります。 

【継続的な革新推進】創立以来、Binanceは商品提供とエコシステム全体を拡大するために継続的な進歩を遂げてきました。例えば、取引所自体の機能向上やコインバーン機能の導入、さらに市場参加者にローンチパッドプログラムでBNB を利用して仮想通貨に投資する機会を提供してきました。Binance エコシステムを改善するためのさらなる努力は見過ごされることはなく、確実にBNB の価格に影響するでしょう。

【弱気市場における持続的な成長】取引所創設時の幸運なタイミングを単に運によるものと見なすこともできますが、Binance は今年の下降市場(現在まで約−70%)においても市場支配力を上げています。常に1日あたり約10億米ドルを超える取引量は、強気の市場になった場合にプラットフォームの使用者とトークン数が増えることを示唆しています。

 

リスク要因


【規制の環境】BNB の成功はBinance取引所の成功に全面的に左右されるため、規制当局が一般的に仮想通貨取引所を弾圧し、業界の重要取引所として例に挙げた場合、Binance取引所への集中化が問題になる可能性もあります。プラットフォームは規制当局に遵守することに興味がないことを示しているため、進むべき道は実現までまだ程遠い分散型の取引所Binance Chain を作成することであるように思われます。

【市場の飽和状態】取引所市場は非常に飽和状態である今、資本を持つ企業は手数料なしの現物取引のような積極的な戦略を採用し、手数料削減のBNB利用の必要性を排除しています。とは言うものの、今までどの企業もBinanceほど市場を多様化させておらず、もし多様化に注意を払うなら、遅れを取らずについていくのは難しくなるでしょう。

【集中化されたオーナシップ 】結局のところ、Binanceは中央集権型の取引所であるため、どんな効用をBNBに持たせるかは管理職によって決められます。これは、トークン保有者から今後のトークンの運命を総括的に決定する権利を奪います。これまで戦略が大いに成功してきたように見えるので、BNBの効用に関する決定に異議を唱えることは難しいでしょう。

 

結論

BNB トークンを購入する第一の動機づけは、Binance プラットフォームでの取引手数料の割引でした。そうすることで、手数料に関して他の現物取引所を打ち負かしたでしょう。 この機能は5年にかけて徐々になくなっていきますが、Binance はBNBを利用してBinanceプラットフォームで実施するICOに投資する機能や開発初期段階にある分散型の取引所Binance ChaiでBNBを利用する将来の希望など、様々なBNBの効用を掲示しています。また、BNB による手数料割引とBNBの供給量を徐々に減らすためのトークンバーンを組み合わせ、どのようにしてBNBトークンに持続できる長期価値を付けるかを、Binanceは理解しているようです。したがって、Binance が先を見据えながら常時進化する規制環境に遅れをとらない限り、BNBには明るい未来があるように見えます。

 

BBOD格付け基準


買い:低リスクで購入するチャンス

買い占め:中リスクの仮想通貨を低価格で購入するチャンス

投機買い:より高いリスク許容度を持つ投資家向けのチャンス

保持: さらなるリサーチ結果が出るまで現状レベルを維持する

売り:資産を失う可能性を含む投資


免責条項


BBODリサーチは独立した仮想通貨研究所であり、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する総合的で公平な根拠に基づいた研究やレポートを発行することを目的としています。この分析を行うに当たって、報酬(仮想通貨やその他)を一切受け取っておりません。

ファンダメンタルズ分析:NEO(ネオ)

 

Image result for neo logo

 

革新的なスマートエコノミーのための
インフラを構築する

《BBOD格付け》[10/10/2018]


買い:低リスクで購入するチャンス

NEO(ネオ)概要


通貨コード NEO
取引開始日 09/09/2016
総供給量 100,000,000
循環供給量 65,000,000
プロトコルの種類 Base Blockchain
ベースプロトコル NEO
購入可能な取引所 Binance, HitBTC, Bitfinex, Bibox

 

NEOのエコシステム


NEOとはオープンソースのブロックチェーンプラットフォーム提供する非営利団体で、革新的なスマートエコノミーのためのインフラを構築することを目的としています。2014年にCEO のDa Hongfei 氏とCTO のErik Zhang 氏によって設立されたこのプロジェクトは、現在彼らが上海で設立したブロックチェーンのR&Dを行う有力な中国の会社であるOnchain(オンチェーン)に支援されています。当プロジェクトは、中国初のブロックチェーンプラットフォームとして始動した当初はAntshares(アントシェアーズ)と名付けられましたが、グローバル市場にアピールするために、創設者らによってNEO(ネオ)に改名されました。NEOは、コミュニティの発展がブロックチェーンエコシステム全体の本質的な側面とし、グローバルな開発コミュニティを急速に広げることを重要視しています。現在のところ、当プロジェクトが支援するサイドプロジェクトを持つ他のコミュニティ(City of Zion (CoZ)、NeoResearch、NELなど)は、NEO を世界一の機能性を誇るブロックチェーンプラットフォームにするためのエコシステムを向上させる活動を行っています。

 

スマートエコノミー


分散型ネットワークをベースにした新しいスマートエコノミーのビジョンを実現させるために、NEOはブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化します。このように、NEOは不動産、自動車、物理的な所有物などの現実世界の資産を、スマートコントラクト形式でNEOブロックチェーン上に記録されたデジタル資産に変換することを目的とします。これらのデジタル資産は、各デジタルアイデンティティを活用して唯一無二な個体として識別されます。結果、このようなデジタル資産は分散型ネットワークを通して(いくつかの使用例を挙げると)取引、流通、登録することが可能になり、グローバルなピアツーピアの同意書が効率的で容易に作成できるようになります。デジタル資産所有権をグローバル市場に広げるだけでなく、信用できない中央集権型の仲介機関が介入する際にほぼ不可能な不変性も提供します。よって、デジタル化したプログラム可能なトラストレス(信用する第三者を必要としない)エコノミーを構築することができるのです。 現状を劇的に変化させるものだと思われるかもしれませんが、NEOの目的は従来の中国機関を破壊することではなく、中国の経済を将来のスマートエコノミーに徐々にシフトする手助けをすることです。

 

NEOアプリケーション


デジタル資産

上記の通り、独自のスマートエコノミーを促進させるために、NEOは従来の資産をNEOブロックチェーン上のデジタル資産に変換します。 デジタル資産は、スマートコントラクト形式で表示されるプログラム可能な資産です。従来の資産をデジタル資産に変換することによって、個々の資産は当事者間での所有権の譲渡、価値交換、特定の個人への資産登録などを行う必要がなくなります。代わって、NEOのコンセンサスアルゴリズムにおける本質的な信用によって、資産は分散化した、追跡ができる、透明性の高いものとなります。これらはすべて、NEOブロックチェーン上にあるデジタルIDによって、個人と物理的な資産を結び付けるNEOのデジタルアイデンティティシステムのおかげです。 最終的には、資産をデジタル化することで世界中の人々が第三者を必要とせずにスムーズに物理的な価値を交換することができるようになります。これによって、中央当局に関連する従来の手数料がなくなり、グローバル化した市場から流動性資産が供給されます。

 

デジタルアイデンティティ

デジタルアイデンティティによって、NEOは自発的な組織、個人およびその他のエンティティの識別情報を電子形式で蓄積することができます。非常に安全性の高い方法で 当事者のデジタル指紋を作成し、NEOブロックチェーンに保管するため、一旦ブロックチェーンに焼かれた身分証明書は、改ざんや破壊することが不可能になります。このようなデジタルアイデンティティは、資産自体をデジタル化し、既存の資産の価値を交換するために、指紋、音声、顔認証などの安全性の高い多要素認証方法を使用する人々に利用されるでしょう。デジタルアイデンティティの概念のおかげで、組織や個人はお互いを信用せずに意図的に取引することができます。さらに、NEOのデジタルアイデンティティシステムを利用して登録した資産は、所有権の透明性が高いことより法律によって保護されます。この法律とトラストレスなシステムを組み合わせた革新的なソリューションによって、すべてのデジタル資産は当事者が無条件に検証でき、押収されることがなくなります。

 

スマートコントラクト:中国版イーサリアム?

NEO を「中国版イーサリアム」と多くの人が表現しますが、いくつかの重要な違いがあります。ただし、確かに両者は類似した機能性を提供するプラットフォームで、開発者がdApps(分散型アプリケーション)を作成するために、既存のプラットフォームの上にスマートコントラクトを構築することができます。しかし、NEOにははるかに多様なプログラミング言語を利用することができます。例えば、イーサリアムブロックチェーンにdAppを作成したい場合、イーサリアム独自のプログラミング言語を学ぶ必要があります。それに比べ、NeoブロックチェーンにdAppを作成するなら、Javascript、C#、Python、Java、Goなど広く使用されている多様なコーティング言語を使用することができます。開発者が新しいコーディング言語を習得せずにスマートコントラクトをコーディングすることができるので、全く新しい言語を習得する場合にかかる時間が省け、業界に新規参入する際の高い障壁を大幅に削減できます。よって、すでにスマートコントラクトを簡単にプログラミングできる人々のグローバルな集まりを広げ、イーサリアムのネットワークで展開できるdAppsよりも数多くのdAppsが導入できると見込んでおり、結果NEOのエコシステムは急激に成長するでしょう。

 

カタリスト(相場を動かす要因)


【中国内での優位性】 中国政府がフィンテック(金融テクノロジー)分野におけるイノベーションに特に力を入れているため、中国の経済は急速に成長しています。すでに政府関係者と会合しているNEOは、フィンテック開発の最前線に立っていると言えます。イーサリアムなどの他のプラットフォームは固有の言語バリアや文化的な違いがあるため、中国市場に浸透しようとしても参入障壁は高いでしょう。そのため、NEOのような中国産のプラットフォームは中国内の市場で大きく受け入れられる可能性があります。特にビジネスや文化的な規範と共に、中国の規制を尊重することを重視することで、その可能性は高くなるでしょう。

【世界的なプログラミング言語サポート】 多くの既存のブロックチェーンプラットフォームでは、開発者はそれらのプラットフォームにスマートコントラクトを構築するためには独自の言語を習得しなければなりません。全く新しいコーディング言語を習得するにはかなりの費用と時間がかかるため、非常に数多くの事業がプラットフォーム上のdApps開発から除外されています。逆に、NEOは開発者が従来の多様なプログラミング言語でスマートコントラクトをプログラミングができるようにし、既存の事業にスマートコントラクトを導入する費用が大幅に削減できます。そのため、ブロックチェーンエコシステムに参入を目指す企業にとっての高い障壁が排除され、NEOが幅広く採用される可能性があります。

International Partnerships: Despite being based in China, Neo has managed to garner support from international tech giants. For example, Microsoft Azure partnered with NEO i【国際的なパートナーシップ】 中国と拠点とするものの、NEOは国際的なテクノロジー関連の最大手企業からの支援を得ることに成功しています。例えば、Microsoft Azure は、グローバルなコミュニティからプラットフォームに有能な開発者を誘致するために、 NEOと提携しています。このような大規模なパートナーシップは中国内での立場をさらに強化し、現地中国のビジネスコミュニティ内のテクノロジー関連大手企業からも注目を集めているようです。

 

リスク要因


【中国における規制】 中国政府はビジネスのためのブロックチェーンを重視して、フィンテック革命の最前線に立ちたいと思いながらも 、仮想通貨における厳しい規制を課しています。例えば、ここ一年で彼らは規制に反する仮想通貨取引所とともに国内でのICOを禁止しました。それにもかかわらず、NEOはすべての必要な政府規制を必ず遵守することを強調し、今では開発者のグローバル市場にアピールし、内部リスクや当プラットフォームを開発する中国以外の企業の能力を制限しています。

【遅れを取らずに進む】 ブロックチェーンのプラットフォームの環境は、イーサリアムのプラットフォームの明確な成功の結果として、過去1年で大きく発展しました。グローバルな競争は今やかなり飽和状態であり、NEOが他のプラットフォームに遅れを取らないためには、彼らのプラットフォームに最高の人材を引きつける必要があります。とは言え、NEOには非常に強いブランド名、増加中のグローバルなコミュニティ、すばらしい開発者報酬があり、さらに世界中の多様なコーディング言語が使用できるおかげで、当プラットフォームは、ブロックチェーンエコシステムにおける他の有名なプラットフォームの競合となることが確実視されています。

 

結論


NEOは将来スマートエコノミーのためのスマートコントラクトの世界をリードするプロバイダーとなるプラットフォームと位置付けられます。企業や個人が資産をデジタル化し、独自のデジタルアイデンティティで証明できるようになることで、NEOは世界規模で当事者間の物理的な資産の価値や所有権を取引する際に不要な仲介人を取り除ける可能性があります。様々な従来のプログラミング言語でスマートコントラクトをプログラミングできるNEOは、開発者が全く新しい言語の習得が必要である業界内の多くの大企業よりも非常に有利な立場に立っています。結果として、当プラットフォームは新しい言語を学ぶ時間や資金がない企業や個人によって幅広く採用される将来性があります。このようにして、グローバルコミュニティが成長し続けているため、NEOは前途有望であるようです。

 

BBOD格付け基準


買い:低リスクで購入するチャンス

買い占め:中リスクの仮想通貨を低価格で購入するチャンス

投機買い:より高いリスク許容度を持つ投資家向けのチャンス
保持: さらなるリサーチ結果が出るまで現状レベルを維持する
売り:資産を失う可能性を含む投資

 

免責条項


BBODリサーチは独立した仮想通貨研究所であり、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する総合的で公平な根拠に基づいた研究やレポートを発行することを目的としています。この分析を行うに当たって、報酬(仮想通貨やその他)を一切受け取っておりません。