ファンダメンタルズ分析: アストロノートキャピタル

Image result for Astronaut capital crypto logo

ASTRO(アストロノート)

独自の仮想通貨インデックスファンドを提供することで、ICOへの信頼性、アクセスのしやすさ、資産管理の問題に取り組みます

 

解決すべき問題


2017年の始めから、ICO市場は急激に成長してきました。起業家たちが数分程度で何百万ドルもの資金を集めることができる新しい資金調達のメカニズムの可能性に気付き始めたからです。例えば、JavaScript(ジャバスクリプト)の作成者によって開発されたウエブブラウザーのICO では、30秒未満で3500万ドル以上の資金調達に成功しました。このような効率的な資金調達の手段は、ベンチャー企業業界でさえ今まで見たことがありませんでした。機関投資家も一般投資家もICOへの参加を招待され、ついにはごく一般人までも、人生で最も革新的で一流企業になるかもしれないICOに最初から参加することができるようになりました。

ICOの多くには真の善意があり、ブロックチェーンで革新的な新しい商品を作りたい人々が資金調達するために利用するものです。しかしその一方で、偽の約束で人を簡単に騙し、資金調達後に即座に市場から撤退しようとするものもあります。そのため、素人がこの広大な新しいエコシステムをうまく操縦し、自己の資金から利益を得ることは、決して簡単なものではありません。

さらに、ICOクラウドセールスに登録や申請するプロセスは、KYC(本人確認)という障壁があり面倒で時間がかかり、しばしば潜在的な購入者をうんざりさせます。それにも関わらずに買うことを決心したとしても、 多くのウォレットはICOコイン用の機能が限定的であるため、結局は数多くの資産を管理することが難しくなってしまうことがあります。

最後に、ICOはすべての人にアクセスできることを約束しているものの、これが実際そうであるかどうかは大いに議論すべき点であることです。有望な購入者は、彼らの資金が必要とされるまで、どこでどのようにトークンを買うべきかをしっかり見極めるために、様々な手順を踏まなければなりません。その結果、一般市場に出る前に大部分の資産が大投資家に売られることがよくあります。

ソリューション


アストロノートは、ICOインデックスファンドトークン(ASTRO)を提供し、ICOへの信頼性、アクセスのしやすさ、資産管理の問題に取り組むことを目的とします。基本的に、投資家は新興市場から利益を得るために必須である綿密なデュー デリジェンスを受ける必要なく、 様々な高需要のICOを経験することができます。インデックスは、どんな時でも最大の利益が得られるように、業界精通者によって慎重にバランスが取られています。

 

まずは、ICOへの信頼性に対するアストロノートの取り組みについてです。アストロノートは、毎月1万人以上の定期購読者を持ち、評価が高い仮想通貨分析の会社である親会社のPicolo Research(ピッコロリサーチ)の傘下にあり、しっかり訓練された専門家のチームが注目すべき新進喜悦の会社に関する徹底的なファンダメンタルズ分析を行います。アストロノートは、それに基づいて最も魅力的なICOのオファーを見つけるように努めています。また、あるICOがインデックスポートフォリオに追加された場合、その理由を投資家が理解できるように、報告書で出来るだけ明瞭かつ簡潔に説明します。

 

次にアクセスのしやすさについては、アストロノートは業界の障壁を崩します。つまり、アストロノートはインデックスに追加したいICOから大量買いし、プレICO価格にアクセスし、そして最も重要なことですが、連絡先や人気のプロジェクトをうまく購入するための情報を手に入れるのです。 これは一般投資家から負担を取り除き、精通しているアストロノートのチームに責任を負わせるということです。しっかりリサーチされた様々なICOのポートフォリオは、市場の状況に合わせて重み付けされており、人々がそれにアクセスするためにはASTROトークンを購入するだけです。このポートフォリオの普遍的なエクスポージャー(投資比率)は、購入者がほしいのに単に追求する時間や情報源がないものがしばしば占めています。

 

最後に資産管理についてですが、アストロノートは積極的にポジションをモニターリングし、特定のICOが彼らの予想された期待に沿わない場合には、ポジションから退去することにも恐れません。これによって、投資家が継続してポジションをモニターする必要性を除外します。変動が非常に激しい新興市場に立ち向かうための準備が単にできていない長期型保持者や新米の投資家にとって、特に興味深い点かもしれません。インデックスを使って冷静に市場に参入することができることで、 関連リスクに晒されずに 成長が著しい市場を経験することができるのです。

アプリケーション


ASTROトークンは投資家に2つのタイプの利益を提供します。まず1つ目に、ユーザーは4半期ごとに彼らの資金投入額や回収額に応じて配当収入を受けます。2つ目に、トークン保持者はインデックスファンドの 純資産価値(NAV)に同調しているすべてのトークンの増価を得ることができます。

アストロノートインデックスファンドへのアクセスは、過去にアルトコインに投資したことがある方なら簡単です。取引所では ASTROと表記されており、すぐにオンライン購入することが可能です。すでに自身で管理しているICOポートフォリオの一部としてASTROを含めるのか、それともアストロノートにポートフォリオ全体を管理させ、すべての資金をASTROに配分するのかは、完全に投資家次第です。前者の場合は、おそらくビットコインやイーサリアムのような時価総額の高いコインとの組み合わせることが最も適切です。

要約


仮想通貨市場は進化し続けており、ICOへの投資はリサーチに長時間を費やす気がある人に多額の報酬を与える可能性があります。しかしその一方で、ICO関連リスクが、うぶな投資家にそもそもICO市場に参加するべきではなかったと後悔させる可能性もあります。後者のために、アストロノートはデュー デリジェンスを受けずに、徹底的にリサーチされた様々な仮想通貨へのアクセスできる簡単な方法を提供します。これはまさに、慎重な姿勢を保ちながらもICOブームから利益を得たい人々のために考えられたものです。

促進要素


先発者の優位性:仮想通貨インデックスコインは、ブロックチェーンのエコシステムにおいては比較的に新しいコンセプトです。現在のところ、アストロノートの競合企業はCrypto20(クリプト20) とTaaS(タース)のみです。つまり、彼らは今後同様に市場に参入する競合企業よりも優位に立つことができるでしょう。

定性的アプローチ:競合企業とは違い、銘柄を選び、プロジェクトの強度によってポートフォリオの投資比率を重み付けるために、アストロノートは徹底した定性的ファンダメンタルズ分析に重点を置いています。一方で、他の多くのインデックスファンドは、現状市場の状況に合わせてトップのコインそれぞれのバランスを取るために、アルゴリズム的な算出方式を利用します。

ICOに注目:利用可能な仮想通貨インデックスファンドのほとんどが時価総額におけるトップのコインに焦点を当てていますが、アストロノートはうまく投資するにはより難しいが興味をそそる環境をUSPとして、ICO を選んでいます。

リスク要因


依存:ICO全体を知り尽くした専門家を頼りにすることは、個人で投資するより成功できるかもしれませんが、その一方であなたはデュー デリジェンスを自身で行うことを完全に避けています。ポートフォリオにコイン配分する方法学を学ぶことは 非常に賢明なことです。

少額な時価総額:現在、このプロジェクトはcoinmarketcap.comの時価総額では、750にランク付けられています。つまり、多額の取引高にまだ至っていないため、 ASTROが上場されている取引所数を増やす必要が明らかにあります。

結論


ICO市場はこれまでの仮想通貨市場の中で、最大の勝者と敗者どちらも見てきましたが、勝者を選ぶことは簡単ではありません。アストロノートは、明白なICO関連リスクを受けずにICO市場を経験したい投資家にとっては安全な避難所を提供するかもしれません。あなたのためにリサーチを行う他人に頼ることは、しばしばリスクを伴いますが、健全な方法論に基づいたファンダメンタルズ分析や高評価のチームによって、このプロジェクトはすばらしい将来性があるように見えます。ICO市場ではデュー デリジェンスが明らかに絶大であり、さら発展し続けていますが、デュー デリジェンスを追求するほどの時間や知識がすべての人にあるわけではありません。そのため、アストロノートは確かに成長を見守るべきプロジェクトと言えるでしょう。

ファンダメンタルズ分析:SELFKEY(セルフキー)

Image result for selfkey

個人が各自の個人情報を安全に管理できるようにするとともに、企業のために手間のかかるKYC(顧客確認)プロセスを合理化します

解決すべき問題


現在、我々の個人情報を保管・管理する中央管理機関に対して、我々は多大なる信頼を寄せています。このような組織は、我々に金融サービス、市民権やパスポートの登録、事業許可などの基本的人権を与えています。すべての中央集権化された機関と同様にユーザーのデータがすべて一箇所に保管されており、 単一障害点(SPOF)から生じるハッキング被害を非常に受けやすい状況です。1億4300万人のユーザーのデータが中央データベースから漏洩したEquifaxの事件から分かるように、しばしば我々の個人情報が成りすまし犯罪目的に悪用される結果となっているのです。

このような機密データの不効率な管理と相まって、ビジネスのために必須である現在のKYC (顧客確認)プロセスは、反復的で費用がかかる厄介なものです。KYCは法的なリスクや詐欺行為を避けるために、ビジネス上の関係が形成される前に顧客の個人情報を徹底的に調査します。KYCは数多くの管轄に及ぶため、世界中の会社で使用されています。機密な個人情報のデータを数多くの中央集権型データベースで共有することはリスクがあります。しかしそれよりもおそらく、このように繰り返されるプロセスを完了するために費やす膨大な時間と労力の方がより痛恨です。

ソリューション


現状におけるこのような不十分な点を補うべく、Selfkey(KEY)は革命的なソリューションを生み出しました。要するに、KEYは不必要で無防備な中央集権の中継をなくすことによって、個人や企業に各自の個人情報を完全に管理する権限を与えることを目的としています。彼らのデジタルアイデンティティーシステムはイーサリアムブロックチェーンを基盤としています。ユーザーは商業または個人的な目的に関わらず、本人確認を必要とするベンチャー事業を追求するための基準を完全に満たしていることを保証する必須書類をすべてアップロードすることができます。各自の公開鍵によってユーザー本人のみがアクセスできる、デスクトップや携帯アプリの一箇所に必要な書類をすべて集めることができるのです。そうすることで、KYCの準拠が必要な金融サービス、パスポートや市民権、ベンチャービジネスの申請が簡単になります。このようにKEYは企業のために日常的に繰り返される長ったらしいKYC の登録をなくすこと、個人のために基本的サービスに簡単にアクセスできること、また信用できない媒介者に頼らずに各自の個人情報を保持することを可能にしています。

アプリケーション


2019年4期にプラットフォームが稼働すると、個人や企業は銀行口座、住民票、KYC許可や不動産だけでなく、KEYトークンを使ってSelfkeyマーケットプレイスで様々な商品やサービスを購入することが可能になります。さらに、KEYトークンや他のERC-20トークンを含めて、所有する仮想通貨資産を管理することができます。一方で、他の仮想通貨の会社とは異なり、KEYはすでにプロ級のデスクトップウォレットのβ版があり、またそのデスクトップウォレットが今後果たすことができる様々な機能についてのオンラインデモを提供します。外部から理解することが非常に困難なスペースで、ユーザーにプラットフォームが今後提供する機能についての深い洞察を得る機会を与えることは、斬新なアプローチです。結局は、すべてのテクノロジーと同様に、いったんブロックチェーン技術が我々の日常生活に浸透すると、エンドユーザーはそれらが彼らの望む目的を叶えるものである限り、バックエンドでどのように機能するかには興味がなくなるようです。

要約


Selfkeyによる典型的なビジネスや個人的なやりとりに必要とされる書類の蓄積は、両者にとって時間または費用の削減となるでしょう。 KYC登録は企業にとってキラーアプリケーションになるかもしれません。また一方で、個人が各自の個人情報を効果的に管理できることは、さらなるアピールポイントとなるでしょう。 まだ初期段階ですが、Selfkeyには明るい将来性があり、計画通りに進めば、長期型投資家にとっては非常に大きな利益をなるでしょう。このチャンスを絶対見逃さないでください。

促進要素


  • 証明済みの能力:Selfkey の背景にある重要なチームメンバーらは、成功したベンチャービジネスKYC Chain( 数多くの一流企業と仕事をしているKYC ソリューションプロバイダー)とともに操業開始から完了するまで、大規模なプロジェクトをうまく管理するSelfkeyの能力をすでに証明しています。
  • 確かな基盤:KYC ChainとSelfkeyの相互のつながりによって、KYC事業におけるインフラや専門知識はすでに構築されているため、ブロックチェーン開発やユーザー経験にのみ焦点を当てた事業をすることができます
  • 消費者の認識:大規模なEquifax のハッキング事件やCambridge AnalyticaによるFacebook スキャンダルによって、各自の個人情報がどのようにして漏洩または悪用されうるのかを意識する人々が増え、彼らの個人情報に対するより強い管理力を持つことを要望するようになっています
  • KYCの熟知:ICOに参加したい場合、必ずKYCプロセスを行わなければなりません。これは、多くの仮想通貨ユーザーが熟知しているように繰り返しの手間がかかるプロセスであり、より多くの需要を生み出すことを妨げているでしょう。

リスク要因


  • 激しい競争:長い歴史のあるCivicのような有名な企業らがブロックチェーン技術を使用したデジタルアイデンティティーのソリューションを提供しようとしています。Selfkeyの明らかな優位はKYC Chainが提供する根深い業界関係者とのつながりですが。
  • 入念な開発計画: 2019年を通して継続的に開発が行われるので、すでに確かな産業基盤がある企業にとって、彼らの開発進行は特に早いものではありません 。ハイスタンダードですべてが完了することは重要ですが、明らかにデジタルアイデンティティー業界におけるマーケット先導者になろうとする競争が展開されるでしょう。

イベント


  • 9月30日:SelfKey会社によるIDウォレットのデスクトップアプリとSelfKey モバイルアプリのα版のリリースと政府機関や高熱会社との連携スタート
  • 12月31日:SelfKeyデスクトップアプリのβ版のリリース

結論:


Selfkeyは、個人や企業に各自の個人情報の完全所有権を保持させることで、色々なサービス用の個人認証プロセスをなくすことを目的とした革新的なアイデンティティープラットフォームです。KEYのキラーアプリケーションは、KYCプロセスに必要なすべての情報を一箇所に集める機能です。一方で、ユーザーのみが公開鍵によってこのような情報にアクセスすることが許されます。これは、取引開始前に法的にKYCに準拠しなければならない世界中の企業にとって、かなりの時間や費用の節約になるでしょう。

もちろん、これはKEYが提示する感動的なアプリケーションの1つに過ぎません。プラットフォームもまた、個人や企業に金融サービス、市民権、営業許可、健康保険などへのアクセスを提供するでしょう。おそらく、成功した親会社のKYC Chainの結果として、KEYはまずKYC検証の市場で繁栄するでしょう。 とは言え、このような広範囲に渡る市場があるならば、顧客の獲得や成長する機会は限りないでしょう。だからこそ、Selfkeyの将来性を見逃さないように、あなたの要チェックリストに入れることをお勧めします。

ファンダメンタルズ分析: QUANTSTAMP(クオントスタンプ)

QUANTSTAMPがスマートコントラクトに切望されるセキュリティを提供することは、確実にブロックチェーンのエコシステムにとって有効な補強となります

解決すべき問題


現在、スマートコントラクトの開発はブロックチェーンプロジェクトを行う人々の手に委ねられています。コントラクトの作成者は、たいていその分野において非常に高い能力を持っています。しかし、ごくわずかな人々によって最適なスマートコントラクトのセキュリティを確保する場合、単一障害点の結果としてコードに潜む脆弱性を見落とす可能性も大いに考えられます。

スマートコントラクトを効果的に監査することの重要性については、控えめに言うことができません。監査のメカニズムがなければ、巨額な投資家の資金で支援されているプロジェクトもイーサリアムネットワクークで展開された途端に、攻撃を受ける可能性があるからです。例えば、Quantstampのホワイトペーパーでは、スマートコントラクトのコードにおける欠陥によってもたらされた2つの有名なハッキング攻撃、3000万ドルと5500万ドルがそれぞれ盗まれた事件を提起しています。新しいERC-20トークンの作成が継続的に行われ、将来トークンの数量が増加し続けると仮定すると、Quantstampのサービスへの需要は高いでしょう。

ソリューション


Quantstampは優れた分散型プロトコルを作ることによって、スマートコントラクトにおける不可解な問題を解決することを目的としています。そのプロトコルは、イーサリアムネットワークを基盤とするスマートコントラクトのセキュリティ監査を提供します。要するに、 スマートコントラクト開発者が自身のコントラクトを、 Quantstampのプロトコルに提出し、そこではQSPトークンの報奨金を目的として働く数多くのセキュリティ監査人がそのコントラクトを再調査します。 開発者は要求する監査レベルを自身で設定することができ、コントラクトにある問題を発見した人にその分の報酬を支払います。

Quantstampのホワイトペーパーに記されているように、従来のスマートコントラクトの監査では、費用が平均5000ドル程で非常に高く、完了までに1週間かかります。数多くのセキュリティ専門家に仕事量を拡散することで、Quantstampは監査費用をかなり低くし、完了に要する時間も劇的に削減させます。

アプリケーション


2019年2期にプロジェクトが稼働すると、Quantstampのプロトコルは主に2つのセキュリティ監査プロセスで構成されます。まず1つ目は、完全に自動化されたソフトウェアの検証システムがバグを検知するために、Solidityプログラムを検査します。ソフトウェアは人工知能の結果として、今まで以上の情報処理機能を持つように設計されており、精巧さを増している攻撃を捕まえることができます。そして2つ目は、Quantstampがスマートコントラクトのコードに潜む脆弱性を見つけることに成功した参加者に、QSPトークンという形で賞金を自動的に与えます。人間の監査人は努力に対する報酬を受け取り、Quantstampの顧客は仮想通貨プロジェクトの整合性を確保します。

この多角的なアプローチは、セキュリティの脅威に対して戦うための強い関係を、人工と人間の知能を組み合わせることで築いています。よって、Quanstampの顧客はネットワークの全体的な強度に対して、単に1人で行うよりもはるかに強い自信を持つことができるでしょう。

要約


Quantstampは、市場における埋めるべきギャップを明らかにしたようです。このプロジェクトは、主要なセキュリティ監査プロトコルになる可能性を十分持っています。現在の業界を悩ましている攻撃からプロジェクトが安全であることを承認することで、コミュニティーが 安心して大金を投資できるために必要な信頼レベルを提供することができるでしょう。バイナンスのサポートによって、バイナンス取引所で実施された数多くのICOの セキュリティ監査がすでに完了されています。このプロジェクトにはすばらしい将来性があり、明らかに注意深く見守るべきであると言えるでしょう。

促進要素


  • 証明済みの能力:CEO のリチャード・マ氏とCTOのスティーブン・スチュワート氏は、ソフトウェアのセキュリティテストやスマートコントラクト開発において幅広い経験があります。
  • 学問的な高評価: チームは全体としてソフトウェアのセキュリティに関するGoogle Scholar(グーグル・スカラー)で500以上のサイテーションを持っています。
  • 概念実証:すでにバイナンスの顧客ために行われた数多くの監査は無事に完了しています。これはプロジェクトへの大きな関心を示しています。
  • 高まる関心:スマートコントラクトへの関心が高まることで、今後さらに多くのセキュリティ脅威を招くことになり、それらに対処しなければならないでしょう。
  • 市場の広がり:次から次にスマートコントラクトを使った新しいプロジェクトが導入されることは、ターゲットにできる市場の広がりを保証します。

リスク要因


  • 展望:イーサリアムのネットワークは、必ずしもトップのスマートコントラクトのプラットフォームであり続けるとは限りません。ただし、このプロジェクトはイーサリアムの競争相手を含めるために拡張することも考慮できるでしょう。
  • 可能な労働力の低い供給:現在はブロックチェーン界の人材確保は最小規模で、需要が供給をはるかに上回っています。そのため、拡張できるだけの十分な監査人を見つけることが問題点になる可能性があります。
  • 競争:セキュリティに厳重な重点を置くこのプロジェクトはユニークですが、スマートコントラクト開発費用を低価格にしようとするプロジェクトは1つではありません。

イベント


  • 2019年4月30日(またはそれ以前に):ホワイトペーパーに記載の通り、Quantstamp監査ネットワーク稼働開始

結論


進化し続けるブロックチェーン産業において、解決すべき問題は常に存在しますが、しばしば見過ごされます。Quantstampの目標である、 スマートコントラクトに切望されるセキュリティを提供することは、確実にブロックチェーンのエコシステムにとって有効的な補強となります。監査業務を分散する、つまり従来高価格な費用や参加者の知識をそれぞれ拡散することで、Quantstampは格安な価格を提供しつつ、今後のスマートコントラクトにおけるセキュリティを大きく改善することができるでしょう。

バイナンスにおいて、評判の良い企業を対象とした数多くの監査がすでに無事に完了しています。今後数年でネットワークセキュリティを追求するコントラクトの作成者が頼りとするプロトコルになる可能性が十分あります。また、スマートコントラクト市場が大きく成長し続けるにつれて、Quantstampは投資家にとって非常に儲かる取り組みとなるでしょう。だからこそ、Quantstampは必ず記憶に留めておくべきプロジェクトなのです。

ブロックチェーン — 入門

nasa-53884-unsplash.jpg

この論説はブロックチェーン世界の要点を紹介するものです。あなたはすでに、ブロックチェーン関連の論説を読んだことや、ブロックチェーンがどのように世界を変えていくかについての討論をしたことがあるかもしれません。中央集権型機関は自己弁護的な姿勢をとっているか、彼らなりの解釈でこの創造的革命を受け入れています。


一体全体この騒動は何でしょうか?ブロックチェーンを純粋に理解しましょう。

ブロックチェーンは分散化されたデータベースです。これは、1つのコンピューターにファイルを保存するかわりに、地球上にある何百万ものコンピューターによって情報を保存することを意味します。

次の例を考えてみてください:

Facebookにログインすると、私たちや友達がFacebook上で共有するすべての情報はFacebookの中央サーバーに保存されます。(彼らはユーザーのデータを所有していないと主張しますが) 技術的には、Facebookがすべてのデータを所有しています。彼らはユーザーである私たちへの広告情報を直接獲得するために、そのデータを利用しているのです。

ブロックチェーン技術はこのような体制を崩壊させ、ユーザーに個人情報を管理するための権利を与えます。

以下の図形は3つのイメージを示しています。

  Wikipedia より引用しています。

Wikipediaより引用しています。


最初のイメージは、Facebookや Googleや Amazonなどの中央管理機関を示しています。ここでは、1つの中央機関がすべての情報を管理します。

2つ目のイメージは、非中央管理化(分散化)されたシステムです。数個のデジタル回路(ノード)が双方の合意によってネットワークの連携を維持し、自由なノードで最小限のデータを保管するようにします。

3つ目のイメージはメッシュ型に分散化されたシステムです。ネットワーク上にあるノードそれぞれが、ネットワークに存在する情報すべてを必ず保存する必要があります。


最初のイメージでは、中央にあるノードが不正アクセスされた場合、システム全体が故障します。しかし、分散化されたシステムでは、常時ネットワーク全体に複製された情報がいくつも存在するので、このような攻撃は不可能です。

ここまで理解できていますか?

では、以下の例でこの概念をより分かりやすく説明します。

例えば、アリスが100米ドルをボブに従来の銀行を通して送金するとします。彼らはどちらも同じ銀行に口座を持っています。アリスはその取引を開始すると、銀行の中央データベースでは、アリスの口座は100米ドル分が差し引かれ、ボブの口座は100米ドルが追加されます。ただし、通常銀行は送金手数料を請求するので、これは完璧な例ではありません。

銀行の中央データベースに何かが起こり、その取引記録が失われた場合は、アリスは100米ドルを失い、ボブも100米ドルを得ることができません。従来の銀行には、この状況を防ぐためにデータのバックアップや予防装置がありますが、それでもまだ十分に起こり得ます。サイバー攻撃の場合は、中央管理サーバーにある我々すべての資金が、巨大なリスクにさらされます。口座を保有する我々がこのようなリスクも認めて受け入れているのは、金融機関を信用しているからです。

常時稼働する非中央管理型の価値交換システムや、侵入することが極めて難しくほぼあり得ない分散型の信託システムを作ることによって、つまり、もしブッロクチェーンが上記のリスクをすべて防ぐことができるとすると、どうでしょう?

分散型台帳システムの中では、いったんアリスが取引を開始すると、ネットワーク上のノードすべてがその取引記録を確認し、台帳が確定されます。その台帳は、変更不可能であり、取引記録は安全に確保されます。たとえ、攻撃者が1つのノードに不正侵入しようと試みても、取引記録は別のノードに存在します。それに1つのノードの取引記録を改ざんすることさえも極めて難しいです。

1つの取引記録の詳細を変更するためには、攻撃者はマイナーによって処理される正直なチェーンより速く代替のチェーンを作成することを狙って、すべての連続する取引記録を改ざんする必要があります。マイナーとは、ブロックチェーンにおいて取引を促進する人です。彼らは計算上難しく、プロセッサーに大きな負担がかかる難問を解くことで、各ノードに届いたそれぞれの取引記録の整合性を確かめます。正直なノードが無効の取引記録やブロックを拒否するので、攻撃者の取引は決して承認されません。 安定したブロックチェーンシステムでは、まずあり得ないことですが、攻撃者は正直なノードの累積的な処理力を上回る十分な処理力を持つ必要があります。

マイニングについては、今後の投稿の中で公開鍵と秘密鍵(ユーザー名やパスワード)とともにもっと議論することにしましょう

0_HHKyS6pSrWghQBnq.jpg

ブロックのチェーンとしてのブロックチェーン

ブロックチェーンは、その名の通り、次々に繋げられたブロックのチェーンのことです。すべてのネットワーク上のノードは、起源となるブロックがマイニングされた以降にブロックチェーン上で起こった取引記録すべてに関して、完全な複製を持っています。台帳はオープンで、アカウント間の取引記録は世界中の人が見られるように台帳の上に表示されます。取引記録は暗号学的に暗号化され、1つのブロックのデジタル番号は次のブロックを暗号化するのに使われます。

これは永続するシステムであり、台帳にある1つの取引記録を改ざんすることは不可能です。もし改ざんを試みるとして、新しいブロックすべてを暗号学的に暗号化することは、計算的にも経済的にも大変高くつく処理です。

この論説を通して、あなたが「ブロックチェーン技術とは何であるか」についての基本的な考えを持てたらよいと思っております。このブロックチェーン技術の影響は広範囲に広がっており、まもなくすべての信託システムのかじをとる存在になるでしょう。

多くの人が以前に言った通り、ブロックチェーンは新しいインターネットです。